ワード打ち込んでいるときに文字が消えるインサートキー「INS」キーの使い方
中古PC夢コンFacebook/Instagram

仕入リストを確認する

ワード打ち込んでいるときに文字が消えるインサートキー「INS」キーの使い方

シェアする

ワード打ち込んでいるときに文字が消えるインサートキー「INS」キーの使い方

ワードで文字を打ち込もうとすると、文字がどんどん消えていく!

ワードには「上書きモード」と「挿入モード」があり、通常は「挿入モード」になっていますが、あるキーを押してしまうと打ち込んでいくときに文字が消えていくという現象が起きてしまいます。

それが「上書きモード」といい オン になってしまっているということです。「上書きモード」を通常の「挿入モード」に切り替える方法を説明します。

文字を入力していくと文字が消えていく!

ワードを使っていて、一番多い問題が「文字を入力していくと次の文字が消えていく」というもの。

それが、デリートキーやバックスペースキーを押そうとする時、キーを間違って「Insertキー」を押して起こる現象です。

インサートキーは、デリートキーの近くで「Insert」もしくは「INS」となっています。

Insertキー

「Insert」は、「挿入する、差し込む、挟む」という意味です。このキーは文字入力の際、「挿入モード」と「上書きモード」を切り替えるために使用します。

通常押さない状態で「挿入モード」になっていて、押すと「上書きモード」になります。

ワードのステータスバーに「挿入モード」とありますが、通常は挿入モードになっています。

挿入モード

Insertキーが押されることによって、「上書きモード」になり、文字を入力すると、入力された文字が、新しい入力文字によって消されていくモードです。

そうなった場合、ワードのステータスバーを確認して「上書きモード」となっていたら、「Insertキー」をもう一度押せば、「挿入モード」になります。

挿入モード・上書きモード確認方法

「INS」キーを押しても「上書きモード」が「挿入モード」に変わったかどうか確認できません。

文字が打ち込めるようになれば、OKですが、Wordで確認する方法があります。

ワードで「挿入モード」なのか「上書きモード」なのか確認する方法です。

それではワードを起動します。

ワードステータスバー

ステータスバーの何も書いていないところにマウスのカーソルをポイントします。(クリックではありません)

ポイントしたら、「右クリック」します。

上書きモード

「上書きモード」をクリックっするとステータスバーに「挿入モード」もしくは「上書きモード」と表示されます。

もしも、上書きモードとなっていれば、「上書きモード」を直接クリックすると「挿入モード」変わります。

通常は、「挿入モード」です。

こういうことも覚えておくと、Officeが便利に使いこなすことができるんです。